電子書籍

 米電子書籍標準化団体「国際電子出版フォーラム(IDPF)」の電子書籍の閲覧方式「EPUB(イーパブ)」が来年5月、日本語に正式対応することが28日、分かった。米アップルの「iPad」が採用するなど事実上の世界標準となっているが、日本語などの縦書きを想定しておらず、国内では普及していなかった。日本語対応したイーパブを国内の出版社や電子書籍端末のメーカーが採用すれば、開発にかかる時間や費用を大幅に抑えられ、電子書籍のさらなる普及に道を開くことになる。【宇都宮裕一、南敦子】(毎日新聞)

[記事全文]

米ではアマゾンの「Kindle」、ソニーの「Reader」が普及し電子書籍ブームに。アップルが「iPad」で市場参入。[関連情報]



http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/electronic_books/より引用


【送料無料】ASCII.PC (アスキードットピーシー) 2011年 02月号 [雑誌]